2017年6月 つぶやき帳(6/20更新)

日に日に暑くなってきました。
娘が通う小学校の図書ボランティアをやってまして。
月に1度「読み聞かせ会」というのが実施されており
6月は私のデビュー戦開幕でございます。ドッキドキ!


☆6/20☆
あとでつぶやきに書こうと思いつつ放置してたら、一体何を書こうとしてたか
忘れがちですよね。。。あれ!?私だけかな(;'∀')!

某アイドルたちの総選挙。
毎年LIVE放送してるのが最大のナゾです。
まぁ、それは置いておいて・・・。

ファンが大好きなアイドルのためにお金投資することは良いと思います。
好きでやってることなんでしょうし。
ただそれが「売り上げ枚数」に絡んでくるのがやっぱり納得いかないですね。
握手券付きのCDは除外しませんかね。

あと、恋愛禁止といったってそういうお年頃なんですし
全員が規律を守ってるとも思えないんですけど、ファンにとったら神聖視してるわけですから
そこは裏切っちゃいけないですよね。
恋愛してもいいですが、そこは隠し通さなきゃ。

月影先生が言ってました。
マヤが「八百屋お七」の演技をした際、マヤにこんなことを言いました。
「あなたの目に狂気はない。
上手な演技と魅力ある演技は違う。
たとえ下手でも魅力ある演技は観客をひきつける。
マヤ、本物の恋をしなさい」
と。

恋は心を豊かにしてくれます。
なので恋をして結婚(するしないは別として)を考えられる相手に出会えたことは
とても素晴らしいこと。

でも、仕事なんですから隠すべきでしたよね。
隠せないならああいう場でなく、別の場でちゃんとファンに報告すれば良かったのではないのかしら。

それとも、公共の電波使って結婚だの卒業だのを公言するのが
あのグループの規律なんですかね?

指原さんは、なんだかんだとても頭の回転が良い子ですよね。
自分のセールスポイントが何かを理解してる。
ベテランの中に入ってもちゃんと立ち位置理解できててスゴイなと。

まゆゆは本当にかわいいと思ってます。
彼女は真のアイドルですよね。
昭和のアイドルを彷彿とさせられました。
卒業しても頑張って欲しい子ですね^^


☆6/2☆
先月のつぶやきが13日でストップしてました。
13日以降何してたんだろう、とTwitter見返してみたら
母の日に「ホラー漫画」を電子書籍で3冊ほど購入したり
「プリズンブレイク(シーズン1)」を見たり
娘の七五三の前撮り撮影をしに行ったり
娘の小学校初の運動会を見に行ったり
振替休日にディズニーシーに行ったり
インドア派な私にしてはけっこう外に出掛けてたな、という感じの
5月後半でした。

体調面はけっこう良い調子で過ごせたのではないかと!
紫外線アレルギーの症状が今のところ出てないのは
4月中旬からしっかり日焼け止め塗ってるのと
紫外線アレルギー用の帽子と日傘を使ってるからかも。
こんな面倒なアレルギーなければ
長袖・ジーンズ・パンツスタイル、スニーカーでなく、
かわいいサンダル履いたり、半袖やノースリーブ、スカートスタイルを楽しみたかったですねー。

☆模型☆
ハセガワ製の「ブルーインパルスT-4」を作り始めてます。
バンダイ製に慣れてるため、四苦八苦です(;´Д`)
今月中に、ザクⅡ F2の塗装はほぼ終わらせるよう頑張りたいです。

☆ゲーム☆
相変わらず「HORIZON ZERO DAWN」をプレイ中。
もうちょっとでクリアできそうなとこまで進んでるんですが
なかなかまとまってゲームする時間がないんですよね。

今月もゲーム・模型製作、進める時間が確保しにくい状況ですが
煮詰まらないよう過ごしたーい!

更新する際は上にどんどん書き足していきます。

Comment

  • 2017/07/05 (Wed) 01:03
    kazubo #- - URL
    No title

    個人的にあのグループには関心が無いので、毎年やってるランキング発表の生放送も見たことないんですけど、

    どうやらスクープ誌に撮られたので先手を打っただけだったみたいですね、

    アイドルって昔は手の届かないところにいる文字どおりの偶像で
    ファンとの関係にも暗黙の了解というか一定のルールがあったと思うのですが、

    握手会とか会いに行けるとか身近さを触れ込みすぎて勘違いを誘発してるようで罪作りな気がします。

    スターといわれた国内でも一握りしかいなかった存在だったのが、
    町の小町くらいに増えすぎたことで“ひょっとしたら自分にもチャンスが・・・なんて気になっちゃうんだと思います。

    でも、アイドルというものが現れて半世紀以上経った今でも
    過去に同業者やセレブ以外の本当の意味での一般人のファンと親密になった例なんてほぼ皆無、

    冷たい言い方かも知れないですけど、
    一般女性にも相手にされない男が幼少期から近所で可愛いと言われ続けてそれなりにもてた上、
    オーディションまで勝ち抜いたような選民意識のある子が相手にする筈ないことぐらいちょっと冷静に考えたらわかるようなものなんですが、

    そこにさらにお金が絡むので、なにかあったら裏切られた感を増幅させちゃうと思うんですよ。
    それで凶器を準備して襲撃なんて発想になっちゃうんだと思います。

    この商法もそろそろ潮時のような気もするのですが・・・経済効果を考えると難しいんでしょうね・・・

    実際ヒットチャートを見ても日本だけ異常なガラパゴスっぷりなんですよね。

    ケイティ・ホームズやアリアナ・グランデ、ビヨンセにレディガガなんて陰も形もなくて

    AKBグループとジャニーズとエグザイルのLDHの輪番制、こういうの世界中で日本だけですから、

    他国は欧米だけでなくアジア圏でもほぼソロの歌唱系かバンドなのに対して
    日本だけアイドルパフォーマンスユニットで固められていて異常なんですよ。

    さらに国内の音楽配信チャートやカラオケチャートとも整合していない、
    それはCDが音源ではなくて投票券かキャラクターグッズと化しているせいだと思います。
    憂うべきことです。

    それで投票券(握手券)目当てで同じCDを何十何百も買って、本体の円盤を売ったり捨てたりとか・・・

    昔のプロ野球や仮面ライダーのオマケのカードだけとって本体のスナック菓子を捨てていたのが社会問題になっていた事件を思い出しますね。

  • 2017/07/13 (Thu) 11:56
    トモ #- - URL
    Re: kazuboさん☆

    お返事が遅くなってしまって申し訳ないです。

    私もkazuboさんと同じ意見です。
    そうなんですよ、昔(と言ってしまうと懐古主義なんて思われちゃいそうですけど(;'∀'))のアイドルは
    ブラウン管や雑誌でキラキラしてる存在で。
    女の子だった私にとっては、全てが憧れでしたねー。
    大げさですが、同じ人間とは思えないくらいのポジションでしたもの。
    あと、昔のほうがプロ意識が高かったような。
    完全に「アイドルであるオレ・ワタシ」という偶像を作り上げて
    ファンの夢と憧れをつぶさないよう、かなり努力してたんじゃないかと思うんですね。


    刃物を持って・・・というのは過去にも同様の事件はあったので
    AKB商法がなくなったとしても多分また同じような事件は起こり得る可能性はあると思うんですよね。
    松田聖子ちゃんでしたっけ。コンサート中に襲撃されちゃったんですよね。
    襲撃された瞬間の写真をテレビだったか週刊誌だったか、何かで見た記憶があって。
    当時は、岡田有希子さんのもですけど、今では考えられない写真が
    普通に週刊誌に掲載されてましたよね・・・。

    話はそれましたが
    秋元氏は、以前もおニャン子クラブを発足したりと
    「身近」に拘りがあるのかもしれないですよね。
    ただおニャン子クラブの活動期間って実質2~3年と短期間。
    なので未だに伝説・・・というとオーバーですけど
    ダラダラ活動してないところが、AKBと違って好感は持てます。
    (ちなみにおニャン子はすっごい憧れて、オーディション受けたいって
    親に相談までしました。もちろん「ダメ!というか無理でしょ!」って言われましたが(;'∀')

    個人的に、誰が歌っても違いを感じられず無個性な「音楽」は魅力を感じません。
    歌じゃなくてパフォーマンスで売ってる、と言われてしまえばそれまでですが・・・
    おっしゃる通り、音楽チャートが物語ってますよね。
    バンドブームの頃のほうが音楽業界が活き活きとしてた気がします。

    時代と共に変化するのは当然ですが
    常識やルールは変わらないで欲しいですね。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する