私のヲタクヒストリー<その3>

※日中「下書き保存」したつもりが間違えてUPされてしまったようでした。
追記して再度UPいたします。

皆様、こんばんは☆
不定期でお送りしているこのシリーズ、これまでの記事はこちら
その1→
その2→

今回は小中学校時代にはまったアニメについて書いてみたいと思います。

まず今も私のバイブル的存在なアニメ。
「魔法の天使 クリィミーマミ」!!!!
もう、大好きすぎて大変です。当時は今ほどグッズや雑誌が豊富じゃなかった上、情報を得るのも大変。
たまたま本屋さんで見かけたとか、幼馴染のお姉さんが教えてくれたり、といった感じで情報を得てました。
なので、アニメージュクリィミーマミのムック本など都度父に頼んで購入してきてもらいました。
父・・・ありがとう。きっと本屋さんで買うの恥ずかしかっただろうなぁ。
(ちなみに、父は「ONE~愛になりたい」という漫画も買いに行かされたことあり。ほんと、申し訳ない)

その時買ってもらった雑誌は今も大事に大事にとってあります。


13050505a.jpg
右側のは、まだアニメ放送中に発売されたため全話について載ってないのですが、毎日のように見てましたw
左側のは、OVA中心です。細かく載っててこれも大好きで大事に大事に毎日眺めてましたww

13050501a.jpg
こちらは放送終了後に発売されたものなので、全話載ってます。
「LOVEさりげなく」のピアノ譜が載ってて、当時もよく弾いてました。気分は第46話「私のすてきなピアニスト」のゲストキャラ・貴宏さんです(笑)←ちなみにCVは
古谷徹さん。
余談ですが、この第46話は当時からベスト3に入るくらい大好きなエピソード。
優視点の恋ゴコロじゃなくて、マミ視点での恋ゴコロなんですよね。
すごく複雑といっちゃ複雑ですが、深いエピソードでもあります。
演出・作画もすごくいいんですよー。
それもそのはずで、大人になってから知ったのですが、絵コンテは望月智充さん作画は後藤真砂子さん。
後藤さんのマミはすごくかわいいんですよぉぉぉぉ♪
あぁぁ、また見たくなってきちゃいましたw

クリィミーマミは本当に大好きで、唯一買ってもらったビデオは「永遠のワンスモア」
13050503a.jpg

しかもβなんです。我が家には超大きなβのビデオデッキがあったんです。今考えると貴重ですよね。
なのでマミちゃんのビデオもβです。
13050504a.jpg
βのビデオ、高い・・・。
地元の電気屋さんに、またもや父が取り寄せをお願いしてくれました(^_^;)

何回も何回も見たなー。
今はDVDで持ってますヨ!

マミちゃん絡みで「キャロル」という漫画雑誌も定期購読してました。とっくに廃盤になっちゃってる月刊誌ですね。北川ゆうこ先生版マミちゃんも単行本持ってたんですけど、引越し時に売却しちゃったんですよ。
ホント、もったいなさすぎる・・・。当時の私にやめるよう言いに行きたい。

クリィミーマミのボードゲームなんかも持ってたんですけど、これも捨てちゃったし・・・。
昔の自分のほうがモノへの執着心が少なかったのかも。

北川ゆうこ先生版マミちゃんは売却したのに、原ちえこ先生の「エリカの丘の物語」はしっかり持ってる(^_^;)
「キャロル」では「とんがり帽子のメモル」も連載してたなぁ。懐かしい!

あと、もう一つ。
「ドラゴンボール」これは漫画もアニメも大好きなんですが、やっぱり鳥山先生のお描きになる絵が好きなんだと思います。
当時買った先生の画集も大切な宝物です(*^_^*)

13050508a.jpg
これが多分一番最初の画集です。
これでもすごい感動カンゲキして、美術部だった私はせっせと模写してました。

その後、もっと豪華なのが発売。
13050507a.jpg
お小遣い貯めて買った!
1ページ1ページ、大事に大事にめくりながら眺めてました。

あと、こんなのも発売された。
13050506a.jpg

鳥山先生の短編集(単行本)も大事にとってあります。
「小助さま力丸さま コンペイ糖の竜」というOVAも実家にあるはず。これはさすがにVHSですけど(^_^;)
もう見られないだろうなぁ・・・。今度持ってきてDVDにダビングしてみようかな。
これも短編ながらすごいクオリティ高いOVAです。

声優好きになったのも、ドラゴンボールとクリィミーマミが原点かも。

またまた長くなったので、続きはいつか<その4>で・・・。

それでは、また☆


Comment

  • 2013/05/17 (Fri) 22:59
    tezno #- - URL
    はじめましてteznoと申します。

    ブログちょこちょこ拝見させていただいております。

    ポールのミラクル大作戦 パックンが好きでした。僕も、親がめずらしくキャラクター物のハリケンポリマーの写真のついたベルトを買ってくれたのですが、ヒロインの女の子がついていただけで、「おーんなのべるとーっ」とからかわれてすごく傷つきました。

    なによりそれをお金がない中から買ってくれた親に八つ当たりして、「もうしていかない。」と言って怒ってしまったこと今でも後悔しています。

    でも僕はその後、女子アニメは好きでときめきトゥナイトもマミもうる星ももちろん鳥山先生も大好きでした。
    僕も美術部でそこそこ絵がかけるほうだったので、
    よくすきだった女の子に、「あられちゃん」書いてって言われたことを思い出して、
    キュンとしています。

    すいません。突然のコメントにしては、長文なうえに乱筆で、なにか記事を読んでいたら
    すごく共感してしまいまして
    ヤマトも制作がんばってください。

  • 2013/05/18 (Sat) 17:42
    トモ #- - URL
    Re: tezno様☆

    はじめまして☆コメントありがとうございます!
    パックン、かわいいですよね♪ああいうキャラはキュンとしてしまいます。
    ヒロインの女の子ってニーナでしたよね。「ポール~」はなぜか異界のボスみたいなのにニーナがさらわれてしまい、それを救う救出劇でしたよね。子供の頃に見ただけなので詳細なエピが思い出せないのですが、OPは不思議と覚えてますw
    tenzoさんの幼い頃の少し切ない思い出・・・子供の頃に親に言ったことって後々思い返すとすごく申し訳なく思うことありますよね。きっとご両親様もtenzoさんのお気持ち、分かっていたと思います。
    男の子ですもの、女の子キャラのついたベルトつけるの恥ずかしいというのは仕方ない気もします(^_^;)

    好きな女の子に絵のリクエストされてしまうなんて!なんてキュンキュンなお話!ステキです!
    もしかしたらその子もtenzoさんに思いを寄せてたり?!
    ときめきトゥナイトは、文庫版になった時全巻揃えましたが、やっぱり蘭世編が一番好きです。その後シリーズで蘭世と真壁くんのその後も描かれるので、やはりキュンとしてしまいます♪

    ブログを読んでくださっていたなんて、本当にうれしくありがたく思っております!
    tenzoさんは本当にすごいモデラーさんで、いつかそういう作品を作れたらなぁと憧れつつ、素組とスミ入れ程度でゆるゆると作品作りを頑張ります!

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する