娘と本。

娘が学校の図書室から本を借りてくるようになりました^^
一番最初は何を借りていいかよく分からなかったのか
大変実用的な本を借りてきましたよ。

20170511_tosyo_0001a.jpg

oh...(;'∀')!
本人に「どうしてこの本選んだの?」って聞いたんですね。
だって私が裁縫超苦手なの娘は知ってるわけですし、
中身を見たところ所謂普通の裁縫指南書なわけですよ。
漢字に振り仮名はないですしね。
とても不思議だったんです。
すると、娘は「かわいかったから」と。
なるほどなぁと思いました。

私自身、人生で一番最初に図書室で借りた本って全く覚えてないんですが
実は何度かこういった手芸の本を借りたことがありまして。
同じく「作られたものがとてもかわいかったから」という理由で借りたのをよく覚えてます。
(その時は小学校高学年くらいだったので、幼馴染のおねえさんと一緒にフエルトで作ったことも覚えてます)

この本を返却してまた手芸の本を借りてきましたけど、結局作るのは難しいし
何を作っていいか分からず、「どういう本をかりたらいいか分からない」と。

なので、「くまのこウーフ」シリーズを薦めてみました。

そして借りてきたのが・・・

20170517_tosyo_0001a.jpg

くまの子ウーフ「ぶつぶついうのだあれ」

ウーフは私も小さい頃読んだ童話の一つでして。
くまの子ウーフとおかあさんとおとうさん、山や川、虫や鳥といった自然、そしておかあさんが作るおいしいごはんやおやつ。
そうした「日常」が丁寧に描かれ、さらにはウーフと親子の会話もとてもわかりやすく
あたたかい言葉でつづられた良書です。

この「ぶつぶつ~」はウーフが泥んこになったところから泥んこのウーフを見たお母さんの対応や
ウーフの口答え(かわいいw)、そういった会話の楽しみであったり
泥んこになっちゃうウーフのおっちょこちょいなところとか、本当に楽しい本でした^^

数日後、こちらを借りてきた娘。

20170518_tosyo_0001a.jpg

「お日さま はだかんぼ」
「おかあさん おめでとう」

どちらもすごく良い絵本でしたが、やはり「おかあさんおめでとう」がちょっとウルッともしましたし
すごく印象深いですね。
おかあさんのお誕生日プレゼントを一生懸命考えて探すウーフがとてもいじらしいです。

そんな感じでしばらくはウーフを借り続けてきたんですけど
ある時突然、「火垂るの墓」を借りてきました!ビックリ!

まぁ、読み聞かせしましたけども・・・
寝る前に読むにはけっこうハードな内容ですよね(;'∀')
「絵本」「童話」ともちょっと違いますし・・・。
本人もハードだと感じたのか、読み終わらないうちに「返してくる」と。
なので「今度、アニメの映画を見てみようね」と伝えました。

内容ハードですけど、見ておくべき映画の一つだと思いますし。

週に1回くらい借りてくるんですけど、どんな本借りてくるのかなってワクワクしてしまいます♪

そんな娘、ブロ友さんのteznoさんからいただいた入学祝でこちらの本を選んでました^^
(その節はありがとうございました☆)

20170329_manga_0003a.jpg

ナウシカ。
こちらのシリーズは「もののけ姫」「ラピュタ」は持ってましたがナウシカはまだでした。
アニメ、面白かったみたいなんですね。
模型も「テト、作りたい!」と無謀なこと言ってます・・・王蟲で我慢してもらいますけど←一応買った。
表紙見て「あれ?」っと。
テトの色が違う・・・!!!右のテトは灰色っぽい色味ですね。
アニメのキャラ設定で初期とではずいぶん違うものですから、初期設定がそのまま表紙になったのかもですね。

私が買った本。

20170329_manga_0001a.jpg

「魔法使いの嫁」
「ダンジョン飯」

20170329_manga_0002a.jpg

「菜の花の彼」

漫画も長編は読むのも買い続けるのも大変なので、せいぜい20巻以内におさまってくれるとありがたいものです。
(夏目は別ー!)

というわけで長々と・・・本の話でした^^

Comment

  • 2017/06/06 (Tue) 14:08
    サコ #- - URL
    図書室の本

    もう面倒くさいのでプラモブログの方の名前も「さちこ」→「サコ」にします…(*´ω`*)


    んで、図書室の本!
    娘ちゃん、手芸の本だなんて…!

    うちの娘は、初めて借りてきたのは工作の本でした(笑)
    牛乳パックとか空き箱とかで作る工作の作り方の本。
    それを見ながら何か作ってました^^;

    図書室で借りてくると言えば、お話の本のイメージだったのですが
    図鑑とか作り方の本とかでも良いんですよね。


    小学生、たくさん本を借りていっぱい読んでほしいですね!(*´ω`*)

  • 2017/06/06 (Tue) 19:27
    tezno #- - URL
    くまのこみていたかくれんぼ

    最近、図書館いってませんねー。
    耳をすませばのあの話ではないですが
    独特の空気感はよいものですね。
    購入されたナウシカってこれですね!
    たしかにテトの色が病弱な感じに。
    (笑)
    映画を観た後であれば
    読み聞かせもまたちがったものになるかも
    しれませんね。ナウシカそっくりの
    ラステル。自分も世が世であれば
    人質に身を置くしかない弱い存在であった
    かもしれない。自分との共通点。
    しかしある意味強国の姫君と対立するかに
    見えてじつは、自分もまた戦いに身を置いて
    我が国を守る縛られた立場の姫君。
    クシャナ殿下に手を差し伸べてしまうのは
    やはり自分を投影してしまうのでは
    ないでしょうか?
    ちがった立場で強く見えたり儚く
    見えたりしても根底にある女の子の
    部分は共通なのかもしれませんね。
    事実クシャナとナウシカは、アナグラムで
    文字を入れ替えると同じ名前になってしまいます。ご存知でしたか?
    テト作りたいとな?作って見ましょうよ!
    いい機会です。僕もついでに作って
    ドロで共演しましょうかね?
    どんな感じが出来るのかたのしみですが
    無理じいは駄目かな?
    いっぱいいい絵本を読んであげて下さいませ。

  • 2017/06/08 (Thu) 08:12
    トモ #- - URL
    Re: サコさん☆

    さちこさん改めサコさん♪
    たまにハンネ変えようかなーって思うんですけど、結局「うさトモ」のまんま
    10年くらい経ちました(爆)

    サコさんの娘ちゃんは工作かー!
    なんかわかる気がします!
    娘ちゃん、手先器用ですもの。お兄ちゃんがいるからかのかな?
    お外遊びも工作などもワンランク上のことをお兄ちゃんとやってるから
    すごく上達してるんだと思いますよ^^

    私も学校図書は物語の本ばかりでしたけど
    市立図書館では裁縫とか料理とか、
    呪術とか魔女狩りなど暗い歴史の本を借りてきてましたw
    学校と違って老若男女のニーズに合わせたラインナップの
    市立図書館が好きで、夏休みは「宿題してくる」と言いつつ
    宿題よりも本ばっかり読んでた思い出あります。
    クーラー効いてるし心地よかったんですよねぇ( *´艸`)

    ジャンルにこだわらず、気になる本をどんどん借りて
    どんどん読んで、その中から「好き」を見つけて欲しいですよね^^

  • 2017/06/08 (Thu) 08:53
    トモ #- - URL
    Re: teznoさん☆

    図書館。大人になるとなかなか行く機会ないですよね。
    借りたら返さなければいけないのもなんだか面倒で(;´Д`)
    学校図書と違って色んな本があるので楽しいんですけどね。

    ナウシカとクシャナ。
    アナグラムは知りませんでした!
    でも勝手に「ナウシカにないものをクシャナは持っていてクシャナにないものをナウシカは持ってる」
    と解釈してて。
    持ってるというのは物質的なものではなく、性格ですね。
    お互い正反対なようで似てるんだろうなって思いました。
    だからこそ、クシャナも後半ではナウシカに傾倒していくわけで。
    傾倒というか「王」「導く者」としてナウシカを認めるというか。
    そういう意味で、別の道を歩んでいるようで二人は運命共同体だったんだろうなという気がしました。
    母との思い出や母に寄せる思いとか、状況は違うんですけど
    すごく複雑な環境下だったことが分かります。
    私はどちらかというと、ラステルよりもクシャナのほうが
    ナウシカと重ね合わせて描かれてたと感じてるんです。
    ナウシカとクシャナの母も似てるんですよね。
    王というか長の妻として何が何でも跡継ぎを残さなければいけない立場。
    女性としてこれは苦しいことだったと思います。

    ナウシカともののけ姫って似てますよね。
    なんだろ、生と死を同一として見てるところかな。
    生は死のはじまりであり、死は生のはじまりである、みたいな。
    世界のいたるところにある「二面性」みたいなものなんでしょうか。
    世界は美しくもあり醜くもある。
    うーん、言葉にすると難しいです。
    映画ナウシカだとそのあたりは全く描かれてなく、あくまで「娯楽作品」という位置づけですけど
    原作は深いですよね。

    テト自作ですか!
    できるかなぁ・・・(;'∀')不安!
    お粘土で造形ってしたことないんですよ。
    通常カラーのテトと具合悪そうなカラーのテトも作ってみたいですね(爆)


Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する