FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらももこ先生。

さくらももこ先生がご逝去というニュースは
瞬く間に日本中、いえきっと世界中を駆け巡ったんだろうと感じた二日前。
実際にお亡くなりになったのは15日ということなので、
あまり表に出る事を好まなかった先生らしさを感じると共に、
公表まで全く情報が洩れなかった事に驚きました。

色々感じる事はたくさんあります。
さくら先生の作品、大好きでしたから。
ちびまる子ちゃんを読んで泣いたり笑ったり。
びっくりするくらいの親近感。
「そうそう!」「あー!私もー!」なんて思いながら読みました。
(先生のデビュー作「うちはびんぼう」は、<りぼん>掲載当時リアルで読みました)

そんな何気ない日常を面白く、時にホロッとしてしまう。
そして誰からも愛される作品を描いたさくら先生。

夏休みは娘とアマゾンプライムで「ちびまる子ちゃん<第一期>」を毎日のように見てました。
私が子供の頃お腹を抱えて笑ったお話で娘も大笑いし、
大人になった私も娘と一緒に大笑い。

そんな夏休みの一コマ。

当時子どもだった私には想像もつかない一コマですね。

日曜夕方のまるちゃんはこれからも続くし、
第一期のアニメもまだ見終わってないので、
私と娘の「ちびまる子ちゃん」な毎日はずーっと続きそうです。

うん、続いて欲しいな。
娘と一緒に楽しめるって、本当に楽しいし嬉しい。

いつか娘も読んで欲しいな、漫画のちびまる子ちゃん。

20180829_maru_0001a.jpg

20180829_maru_0002a.jpg

※漫画、16巻で完結らしいですね。私は14巻までしか持ってませんでした。

さくら先生のエッセイ本。

20180829_sakura_0001a.jpg

今読んでも本当に面白い。
こちらも娘がいつか大笑いしながら読んでくれたらいいな。


Comment

  • 2018/08/30 (Thu) 20:09
    tezno #- - URL
    夢いっぱいありがとうございました。

    いやぁほんとに青天の霹靂といいますか。
    同世代がってところも大きいですけれども
    やっぱり袖すり合うも他生の縁といいますか。
    仕事の関係でプロダクションの方にはなんども伺ったことはあるのですが
    ご自宅は二度ほどお邪魔させていただきました。
    玄関先であまり愛想のない真っ黒な顔したおじさんと出くわして
    なんだったのかな?なんてたいして気にもせずお自宅後にして
    しばらくしてからですよ。あ!!あのひとヒロシだ!!おとうさんだ顔そっくりだもん!!
    (笑)懐かしい思い出です。

  • 2018/08/31 (Fri) 15:00
    トモ #- - URL
    Re: teznoさん☆

    ほんと、まさかまさかの訃報でした・・・。
    平成最後の今年は、そういった「まさか」という方々の訃報が多かった気がいたします。
    もちろんご高齢でという方々も多かったものの、
    幼い頃からTVでご活躍されドラマや映画、歌番組に欠かせない方の訃報は
    直接は知らなくてもとても悲しく寂しい気持ちになりますね。

    さくら先生。
    先生のエッセイから大変健康に気遣ってるという印象が強かったので
    あまりに若い旅立ちに驚きました。

    Twitterでも教えていただきましたが、
    プロダクションとご自宅にも、とはお仕事とはいえ大変羨ましいご縁ですね!
    色々詳しくお伺いしてみたいところですが
    機会があればドロオフの懇親会にでも・・・♪
    とかいって、他の話で盛り上がってあっという間に時間が過ぎそうですよね。


    > 玄関先であまり愛想のない真っ黒な顔したおじさんと出くわして

    まさしくヒロシですね!
    私の父もヒロシなんですけども、娘が「ヒロシだって!じいじと一緒だ!!」
    とアニメ見ながら大喜びしてます。
    私も子どもの頃、漫画とアニメ見ながら
    「パパと一緒で、父ヒロシだね。あはは」なんて言ってました(;'∀')


Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。