お誕生日壁面飾り<その5>

最後のくだものの作成をしました。(7/23)

パーツはこちら。
130723_3th_0005a.jpg
今まで載せてなかったんですけど、動物の目や鼻・口なども全てハサミでカットしたものを貼り付けています。
見にくくて申し訳ないのですが、写真右側の動物の顔の下にある黒いのが「目」隣が「鼻」その隣が「口」
動物の顔上にあるクリーム色のものが「耳の中(?)」にあたります。
顔の中におおまかに下絵を描いて、そこに合わせて貼ります。

130726_3th_0002a.jpg
バナナできましたー!!

これでくだもの全12種が完成!
このあとレタリングなどにとりかかりました。

レタリングは7/24~7/26までかかりました。
最初にとりかかったのは、こちらのレタリングなど。
130724_3th_0001a.jpg
レタリングはカットしながら貼り付けるようにしたので、
130724_3th_0002a.jpg
このようなパーツたちを貼り合せ
130724_3th_0003a.jpg
このような「リボン型」のものを作成。

それからカットしつつ貼り合せ
130726_3th_0001a.jpg
こんな感じです。

それから、こちら。

130725_3th_0001a.jpg
一番上の白いレタリングは先ほどご紹介した分。
緑色には「おめでとう」ピンク色は「さい」赤っぽい色は「3」です。

これらをカットして

130726_3th_0003a.jpg
(ガンダムUC一番くじのタグの箇所は娘の名前)
130726_3th_0005a.jpg
130726_3th_0006a.jpg

くだものに貼り付けました☆

残り6種類のくだものやレタリングを貼ってあるくだものの空いてる箇所には、娘の写真(2歳から3歳になる数日前のもの)を適当にカットしてコラージュ風に貼りました。

というわけで、ようやく完成しあとは壁面に飾り付けるだけなんですけどね。
娘ちゃんが寝てからやろうと思ってるのに、まだ寝てくれない・・・。(7/28 23時30分時点)
日付をまたいでからの飾りつけになりそうです(号泣)

以上、お誕生日壁面飾りレポでした☆

Comment

  • 2013/07/29 (Mon) 22:52
    tezno #- - URL
    お誕生日 おめでとうございます。

    お誕生日 おめでとうございます。

    むすめちゃんさん。正確な日にちが分からないので
    「おめでとう」をフライングしておきますね。

    3年まえのトモさんおつかれさまでした。
    奥様の心配したであろう
    ご主人さまもおつかれさまでした。

    愛にあふれたお飾り見ていて微笑ましいです。
    ついつい子供もおおきくなると、
    憎まれ口もきかれますし育て方まちがったかなー?
    とかいろいろ思うところもありますが

    僕も原点に立ち返って子供に
    対するあのころの気持ちがよみがえってきました。

    不思議とこどもの思い出は、小学生でもなければ
    中学生でもない2~4さいぐらいのかわいかった
    あのころをよく思い出します。

    うちのと、つくずく「あのころはかわいかったよねー。」
    ってかんじです。寝てくれなかったり、ぐずったり、
    大変な時期ですけどかわいさも100倍ですので、
    がんばってください。

  • 2013/07/30 (Tue) 16:30
    トモ #- - URL
    Re: tezno様☆

    teznoさん、コメントありがとうございます!
    フライングどころか、ぴったしカンカンですよ!!(←どうしよう、ぴったしカンカンご存知なかったら。ドキドキ)
    昨日7/29が娘のお誕生日でした(*^_^*)
    ささやかながらお祝いをしましたよ♪
    壁面飾りは寝ている間に貼り付け、翌朝ビックリドッキリウキウキしてもらう予定でしたが
    翌朝はまさかの超不機嫌目覚めで、ゴロゴロ泣きながら転がりまくり壁面飾りを堪能してもらうことはできませんでした・・・母カナシ。
    (その後落ち着いてから、「うわぁ♪おたんじょーび!!」と狂喜乱舞してくれたので母ウレシ!)

    子供は成長すれば親から離れますし、それと同時に親への反抗的な言葉も出てしまいますよね。
    そうした事も成長の一つとして受け止められるような親でありたいと思いつつ、2歳児の駄々ッコぶりですらキーッとなってしまうのにそれはかなり無理ゲーかも・・・って今から思ってます(汗)

    3年前出産した時、おそらく安産の部類に入る出産だったと思っています。
    元々持病があったため前日に入院し、入院した日から主治医(産科と持病科)や助産師さんたちに全面的にバックアップされながらの出産だったんですね。他に出産される方もいなくて、産科のドクターたちが総動員でした(笑)
    痛かったことは痛かったんですけどもね(笑)

    0歳、1歳、2歳・・・とその年ごとの苦労がありますよね。
    親として日々経験値を獲得してる感じがあります(笑)

    何年かしたら私もtezno様ご夫妻のように、旦那さんと「あの頃は・・・」と語り合う日がくるんだろうなぁ♪
    3歳になった娘が、変わらず元気で笑顔いっぱいで過ごせるよう、母としても頑張りたいと思います☆

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する